スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなで広げよう、救助の輪!

既にご存知の方も多いと思いますが、今日は、『ちわわせ日記』のニキティさんから『命を乗せた救助のバトン』を受け取ったような気持ちで、ニキティさんの思いに心から共感して、敢えてこのことを記事にしたいと思います。

ひな*とむ姉さんのところでも、目にして知ってはいました。
少し前、同じような映像をニュース番組で取り上げらていた時に、たまたま目にもしていました。
私もニキティさんと同じで、もうみんな知ってるだろうから記事にしなくてもいいかな~と思っていました。。。
まだ見ていない方は、先ずこちらをご覧ください

『繁殖場レスキューレポート』
『Wan life 活動日誌』
『Wan life HP』

精神的に弱い私は、今回も見ることを躊躇いました。
先に見たパパは、気を失ってしまうだろうママを心配して「見ない方がいいかもよ」と言いました。
でも・・・ムサシくんと一緒に生きている以上、逃げていてはいけないな~しっかり向き合わなくては!と勇気を出して見ました。
やっぱり、目を覆いたくなりましたよ・・・つい目を細めたり直視できませんでした。
同じワンコに生まれてきて、どうしてこんな環境で日々過ごさなくてはならないのでしょうか?
こんな状況の中で育った子を迎えた方も多くいらっしゃると云うことですよね?
ムサシくんもホームセンターの中のペットショップで出会いました。
20060830115213.jpg

20060830115237.jpg

ムサシくんがどのようなプロセスの中で生まれ、どのような環境で育ってきたかはわかりません。
それでも、今、皆さんのわんちゃんのように、たくさんの愛情に包まれて生活しているワンコは幸せです。

ブリーダーさん皆が皆そうであるとは思いません。
一生懸命に愛情をかけて、労を惜しまず365日休みもなく、頑張っていらっしゃる方も知っています。

でも、『命=お金』の欲と意識しか持てなくて、愛情の欠片もないように命を粗末にされている現実も事実なんですよね。
そして残念なことに、このようなブリーダーが少なくないようです。
ブリーダーとは、ワンコが大好きで職業としている人ばかりだと思っていました。
ワンコの幸せを祈るしかありませんが、微力なりとも何かできる事があるかもしれないので、それが何だか考えたいと思っていました。
本来なら、直接愛護団体の活動に参加できれば一番良いのでしょうが、現実問題として、今の私にはその活動を共にすることはできません。
できる範囲で寄付をしたり、こうしてブログを通して皆さんに知って頂くことくらいしか思い当たりません。

ななちゃんのことも、ビスコちゃんのことも、やっぱり皆さんに知って欲しかった。
ななちゃんの無事を祈りながら、ななちゃんのように迷子にならないよう、、、
ビスコちゃんのご冥福を祈りながら、皆さんもわんちゃんと安全に旅ができるよう、、、
私なりにメッセージを送ったつもりでした。

そして、今回は・・・ブログをお持ちの方は、ご存知の方が多いでしょう。
『ムサシの部屋』へ遊びに来てくださっている方の中には、ワンコと共に生活していない方や、これから迎えようとされている方がいらっしゃるのを知っています。
そういう方にも是非実情を知っていただき、一人でも二人でも人から人へ、この救助の輪を広げていければ、きっと大きな力になるのではないでしょうか?
私も平凡な一主婦です。
ひとりで何ができる訳でもありませんが、ムサシくんと共生していく以上、このような悲惨な状況をなくしていく為に伝えていく使命があると思います。

私は、人もワンコもその他の動物も、みんな愛される為に生まれてくるものだと信じていました。
今でもそうあって欲しいと云う願望も含め、信じたいと思っています。
でも現実は違うようで、本当にショックでした。

せめて、少しでも人の温かさに触れられる今後であって欲しいと切に願います。
そして、ボランティアの皆さんに心から敬意を表したいと思います。

文章力の無いママなので、どこまで伝わったかわかりませんが、ご自身にできることで、一緒に救助の輪を広げていきましょう!


ムサシパパ&ママは、いつも身の周りで起きたこと、知ったこと感じたことをムサシくんに話して聞かせます。
哀しい時は特に、ムサシくんを何度も何度もぎゅーっとしながら、なでなでしながら話します。
ムサシくんは、何だか様子が違うな?と感じるようで、キョトンとしながらも、私の顔をじーっと見ています。
そして、涙をペロペロしてくれます。

あの子たちにも、心を通わせることのできる生活が待っていますように。。。

20060830132239.jpg

ドッグランやカフェに行った時、これからもたくさんお友達を作りながら、伝えていけるとイイね。

Category: 未分類

コメント

NoTitle

ムサシママさん記事にして頂いてありがとうございます。
ムサシママさんの言うように救助の輪が広がって行くことを願っています。
こうして気持ちに応えて頂きみんなの優しさを改めて感じることが出来ました。
あたしももしかしてあの救助された中にこの子たちの母親が居るのかも知れないと思いました。
これからもみんなで世界のわんこが幸せになることを願いましょうね。

2006/08/30 (Wed) 20:02 | ニキティ #- | URL | 編集
NoTitle

私もこの記事を最初ひな*とむ姉さんのところで知りました。すごくショックでした・・・。
言葉がでてきませんでした!ただ涙があふれてきて、横にいたチョコをギュッて抱きしめてました。
人間と同じように、動物にだって大切な命があるのに、こんな地獄のようなところでずっといたなんて悲しすぎます!
一人でも、この事実を知ってもらって、私たちのできる事を考えてほしいと思います。
小さいことも、大勢の人たちですれば大きな力になると信じたいです!
この53匹のワンちゃんたちが、幸せになってほしいと心から祈っています。
私もブログで記事にしようとおもいます。
ムサシママの『救助のバトン』をつなげることができればいいのですが!

2006/08/30 (Wed) 21:28 | チョコのママ #KGAhWzec | URL | 編集
NoTitle

今日はワタシもニキティさんの気持ちに動かされ、同じ記事を書きました
昨日からずっとずっと考えて・・・
書きながら涙が出てきたりもしました
ワタシだけが頼りで、ワタシを信用し、側に寄り添ってくるゴエくんがとても愛しくて仕方ないです
この輪が一人でも多くに広がるといいですね・・・

2006/08/30 (Wed) 22:08 | ゴエママちゃん #sIsb6NwU | URL | 編集
NoTitle

私も記事にしました。
こんな悲しい現実があるなんて信じたくなかったです。
でも、これがペットブームが引き起こした弊害なんですよね。
私もムサシママさんと同じで、救助活動に参加するのは難しいですが、何か協力できることを探したいと思う。
まずは、募金&ちわを幸せにすることから始めなきゃかな。

2006/08/30 (Wed) 23:27 | ひろみ #oUPgpoCM | URL | 編集
NoTitle

三重県のブリーダーさんですよね。
楽天のお友達とひな*とむお姉さんのブログで知りました。
何度みても、涙がでて、胸が苦しくなりました。
わたしも微力ですが、なにかできればと思っています。
人間の欲の犠牲になってしまった可愛いワンコたち、これから、今までの分も幸せになって欲しいです。

2006/08/31 (Thu) 00:05 | その☆ #VXUIksGc | URL | 編集
NoTitle

ムサシママさん、文章力がないなんてとんでもない!
伝わってきましたよ
今回の事件はあまりの酷さとはうらはらに犬たちから「生きる」という事を教わった様な気がします。
あんな状況になりながらも、生きようとする健気さに涙が止まりませんでした。
それだからこそ、これからの先幸せに生きて欲しいと
ひたすら願うばかりです。
私の弱小ブログからもリンクして下さった方もいたり、職場で話をしたら、一緒に寄付をしてくれた人、物資を送ったりMIXIに記事を載せてくれた人、そんな暖かい人の気持ちにもふれる事ができました。
どういう状況においても犬が人間に及ぼす影響は大きいのかも知れませんね。
そう、ビスコちゃんのブログにも、ななちゃんのブログにもおじゃましました。
ビスコちゃんの様な子が二度とでない様、飛行機会社も
考えて欲しいですね。
そしてななちゃん、まだ見つからないんですよね。
飼い主さんの気持ちを考えると、ほんとうに辛いです
早くお家に帰ってくることをお祈りしてます。

2006/08/31 (Thu) 00:14 | fuku #- | URL | 編集
NoTitle

こういう発信をしていくことで、きっと大きな力になっていくんですよね。
本当にあの子たちは、辛く寂しい思いで、時にはひもじくて悲しかっただろうと思うと、いたたまれない気持ちです。心臓がギューっとなります‥
それでも、今回差し伸べられた温かい手をだんだんと受け入れて、もう一度、今度はもっともっと愛されたくて、人間との生活を始めようとしていますね。
もう一度、信頼関係を築いてあの子達には幸せに暮らして欲しいです。
応援しよう!
ちっぽけな一人の行動でも、きっと大きな輪を作れると信じます。
ココが我が家に来てくれてありがとう、この運命をしっかり受けとめてあなたを幸せにします、と誓います。

2006/08/31 (Thu) 03:02 | カーリー・チョコ #- | URL | 編集
NoTitle

私も記事にしました。ワンコも小さくても物言わなくとも同じ命なのに酷いですよね。
あと ななちゃんの記事も載せました。
どのわんこも幸せであってほしいです。。。

2006/08/31 (Thu) 05:15 | MのMとG #- | URL | 編集
NoTitle

3つのHP・・・拝見させて頂きました。
本当に目を覆いたくなるような・・・こんなことがあっていいのかと・・・涙が溢れてとまりませんでした。
この世に生を受け、本当は、本当は愛情たっぷりいっぱい、いっぱい愛され・・・そして家族の一員としてのおおきなおおきなしあわせが待っていたはずなのに・・・。
私たち身勝手な人間のエゴで、無理な繁殖をさせられてしまったワンちゃんたち・・・。
かわいそうで、かわいそうで、言葉を失うばかりです。
ブリーダーさんがみんなそうだとはおもいませんが、このような最悪の状況になる前に、なぜもっと、もっと考えなかったのだろうと怒りがふつふつと湧いてきます。
今回のワンちゃんたち・・・あんなにひどい目にあわされたのに・・・それでも、愛くるしいおめめで見つめる姿に、やっぱり涙があふれ出てしまいます。
ぼくを、わたしをいっぱい、いっぱい愛して・・・
ぼくもわたしたちも、あなたがすきだよ・・・っていう声が聞こえてきてなりません。
救助されたワンちゃんたち、それから世界中のワンちゃんたちの幸せを・・・いっぱいいっぱい願っています。
今、お気に入りの毛布?の上で、スヤスヤとお昼寝中の我が家のウイリアム。アンヨもグ~ンと伸ばしてスヤスヤ気持ちよさそうに眠るその姿に・・・あらためて、もっと、もっと、愛情も注いで、そして大事にしようと心に誓いました。

2006/08/31 (Thu) 14:47 | piki #X6AIgIjQ | URL | 編集
コメントをくださった皆様へ

コメントとお力をありがとうございます。
気持ちや願いを一つにできたようで、とても嬉しく思いました。

今回救出されたこの53匹のわんこ達は、氷山の一角だと云うじゃないですか!
ということは、この子たちはこんな姿であっても、今見つけてもらえて、まだ幸せなのかもしれない、、、と思わざるを得ない現状が悲し過ぎます。
ただ『生きてる』『生かされている』この子たちが、まだラッキーだなんて・・・
他にもこの子たちのような子が、どこかにいーっぱい居ると云うことです。
世の中には、知らない方が幸せなこともあるかもしれません。
正直、予想されたこの悲惨な現実を、私は受け止める自信が無かったのです。
でも、目を背けないで、今回この現実を知ることができて、私は良かったと思っています。
なぜなら、助けてあげたいと思う気持ちから、何かできることを見つけて援助しようと思い、実行に移すことで微力なりとも力を届けることができる訳だし、知ったことで更に関心が深まり、知った上で、この先選択肢が増えるわけですから。。。
ペットブームの裏側にこんな現実が隠されていたとは本当に驚きでした。
そもそも命に値段をつけるのもおかしい気がしますが、需要がある限り供給も必要なわけで。。。
いつもペットは(わんこに限らず)人間の犠牲になってしまうんですね、、、ヒドイな~
同じ命を持って生まれてくる子が、こんな状況で生かされてるなんて・・・生まれてくる子に罪は無いし、幸せになる権利もあるハズ!
この子たちから「幸せって何?」と聞こえてきそう・・・もしかしたら、生かされているだけの日々が、普通のことだと思っているのではないか?と思うと、またまた哀しい。。。
このような悪質な繁殖屋には、もっと命の重さ・尊さを認識して欲しいと思います。
この先、この子たちにどうか平凡でも平穏で温かい日々が待っていますように。。。
そして、他にもどこかで救出を待ち望んでいる子に幸が訪れますように。。。

ムサシくんと共生している以上、現実を伝えていくことが私の使命だと思って、微力なりともお手伝いさせて頂くつもりです。
小さい力でも集まれば大きくなれる、、、そして何かが動き出すかもしれない、、、そう願いながら、はじめの一歩を踏み出したいと思います。
命を乗せた救助のバトンが絶えることなく繋がり、救助の輪がどんどん広がるとイイですね。

2006/09/01 (Fri) 10:58 | ムサシママ #2TPmiNn. | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。